中高年こそ質の高い食事を

中高年こそ質の高い食事を

アルファ・リポ酸は、食べたものを体がエネギーに変える代謝に不可欠のコエンザイム(補酵素)です。

 

ですから、ビタミンB群と同様の重要性をもっているのですが、ビタミンと呼ばれないのは体の中で作り出されるからです。

 

しかし、50歳近くになるとあまり作り出されなくなり、
人によって差はありますが、加齢とともにつくりだされる量が減っていきます。

 

アルファ・リポ酸以外にも、コエンザイムQ10など、こういった栄養素はたくさんありありますから、中年以降はそれを補うような食事をしなけてはなりません。

 

若い時のように体は使わないので、食事の量はあまり摂る必要がありませんが、
多種類の微量栄養素が十分に摂れる食事にしていかなくてはならないのです。

 

それは、大変なことで、カロリーは少なく、微量栄養素はたっぷりという、非常に質の高い食事が要求されるのですが、その食事のできない人は、病気のリスクが高まりますし、老化が加速します。

 

しかし、その食事にするのは不可能ではなく、多種類の果物と野菜を食べる食事にすれば質の高いものになっていきます。

 

ですが、アルファ・リポ酸だけは十分にとれないことがわかっています。

 

この栄養素を最も多く含んでいる食品のほうれん草を食べるとしても、アルファ・リポ酸を100mg摂るには、3kg必要だからです。

 

ですから、サプリメントで補うしかありませんが、補わない場合に起きてくるのは、一般に血糖値の上昇です。

 

エネルギー代謝に必要不可欠なアルファー・リポ酸が不足している状況では、十分に足りていた若い時のようには、ブドウ糖のエネルギー転換がスムーズに行われなくなるからです。

 

アメリカの統計では、70歳の人が糖尿病になる率は50歳の人の20倍と高率ですが、ほぼ同じ食事をしてきていてそうなるのですから、その理由の一つは加齢によるアルファ・リポ酸の減少と考えられています。

 

血糖値の高い状態が続くと、糖尿病のリスクが高まるだけではありません。

 

血液中のブドウ糖が体内のさまざまな場所で、タンパク質と結合してタンパク質の糖化を引き起こします。

 

タンパク質の糖化は体にとって非常に有害な変化で、体の組織を老化させていきます。

 

皮膚や血管のコラーゲンを構成しているタンパク質が糖化しますと、交差結合と呼ばれる網状結合を形成していくために、皮膚や血管の柔軟性がなくなります。

 

そして、動脈硬化が進み、
皮膚にはシワシミが生まれます。

 

こういうトラブルをなくすために専門家がすすめているアルファ・リポ酸の摂取量は、糖尿病になってしまった人の場合は一日200mg、そうでない人は一日100mgです。

page top