揚げ物が健康寿命縮める

からっと揚げ物が健康寿命縮める

フライなどの揚げ物は、百数十度になるまで加熱を続けている油の中で、食材を加熱する料理です。

 

この料理は2つの害をもたらします。

 

ひとつは過酸化脂質です。
もうひとつは、パン粉などの衣をつけて揚げるため、それに油が染込んで油の摂り過ぎになることです。

 

百数十度という高温で加熱を続けた油は、酸化して一部が有害物質の過酸化脂質に変わります。

 

過酸化脂質は、体内に入ると細胞膜を傷つけますから、体は全身の細胞を守るために、ビタミンC、E、グルタチオンなどの抗酸化物質を配備していますが、過酸化脂質が増えれば増えるほど、それらの抗酸化物質は減ることになりますし、守りきれなかった細胞は細胞膜が傷つくことになります。

 

それは動脈硬化の原因をつくりますし、発ガン物質が存在していた場合にはガン化のきっかけをつくり、全身の健康レベルを低下させます。特に高酸化物質の減少は脳の健康を脅かします。

 

この過酸化脂質の害は、迅速に起きることなので、目の前で見ることができます。

 

加熱して過酸化脂質を増加させた植物油を、ウサギの耳に注入して、その部分の血管の中を電子顕微鏡で見ると、血管壁に傷がついているさまが観察できるのです。

 

1、2の食品添加物の有害性の疑惑については関心の高い人も、その何百万倍、何千万倍という量を、毎日のように口にしているこの有害物質については無関心なのか、いま駅ビルを歩くと、外食店のショーケースは揚げ物で埋まっています。

 

弁当や惣菜の売り場も揚げ物で埋め尽くされていましたが、最近になって「揚げ物は入っていません」というシールを貼った弁当が出てきました。

 

これは大変喜ばしいことで、健康上の大きな驚異となっている過酸化脂肪の害を深刻に受け止めている消費者が増えてきたからに違いありません。

page top