これは老化のサイン!

食事内容と腸内細菌叢の影響

加齢臭が強くなった

加齢臭が強くなった

 

加齢臭とは中年以降の男女に増える脂っぽいような体臭のことです。

 

体臭は皮膚や毛髪、呼気、汗などからの臭いで決まるものですが、それに強く影響するのは食事内容と腸内細菌叢です。

 

一般的に動物性タンパク質を多く摂り続けると悪玉の腸内細菌が増え、消化吸収の過程でタンパク質の中間代謝物が発ガン性を持つこともありますし、強い臭いを放つことがあります。

 

腸内にこうした有害物質が増えると、腸管上皮細胞から吸収され、毛細血管で血流に乗って全身を回り、肺からは呼気とともに、皮膚からは汗とともに臭いの元が出てきます。

 

最近、食生活に急な変化があったなら、それが影響しているかもしれません。

 

タンパク源が動物性に偏ると、どうしても脂質摂取過多に陥りやすくなります。

 

それが日々のエネルギーとして消費されればまだしも、ろくに使われないままに終わり、その挙句、皮脂の分泌過多をもたらせば、地肌では酸化された皮脂がぷーんと特有の臭いを放つようになります。

 

また、ダイエットを徹底すると、特有のダイエット臭が出てくることは知られています。

 

これはエネルギーの不完全燃焼から脂肪酸、乳酸、ケトン体といった脂質由来の物質が汗とともに皮膚に排出されてくるためです。

 

食事制限と運動を正しく組み合わせれば、こうした弊害も少ないのですが、食事制限だけの不健全なダイエットだとこうした強い臭いを伴うことがあります。

 

腸内細菌叢は加齢とともに悪玉の細菌が相対的に増えるといわれています。

 

これを放置すると消化器系疾患にかかるリスクも高まりますから、腸内細菌叢のバランスを整えるような工夫を続けましょう。

 

それには発酵食品を積極的に摂ることです。

 

ヨーグルト、納豆、乳酸菌飲料など、口当たりがよく、摂りやすいものは店頭にいくらでもあります。

 

加齢とともに是非増やしたい食材です。


page top