老け込む原因

ホルモン分泌の変化で「体がしぼむ」

水分不足のほかに、ホルモン分泌の変化も体の「枯れ」を進めます。ホルモン不足の場合は「しぼむ」という表現の方が正確かも知れません。

 

ホルモンには体の組織や器官の働きを指示する役割があるので、ホルモン分泌が低下し不足すると、筋肉や水分が減り、臓器の容量や皮膚組織などが小さくなってしまうのです。

 

といっても、40歳前後ではまだ体が小さくなるのではなく、細胞が小さくなった部分に脂肪がたまり、逆に体は膨らんでしまいます。「枯れ」により、体脂肪が増えてしまうのです。

 

特に、若々しさを保つホルモン・DHEAが不足しないように気をつけることが大切です。

page top