老け込む原因

体の錆びを抑える

活性酸素が「体を傷つける」--錆び

 

鉄の扉や柵のペンキが剥がれたままにしておくとすぐに錆びてしまい、ボロボロと崩れ始めます。
また、リンゴを切ったまましばらく置いておくと、茶色く変色します。

 

油が古くなると黒ずんで奇妙な味になってしまうなど、これらはみな、酸化、つまり「錆び」(サビ)がもたらした変化です。

 

それと同じことが体内で起こっていると言ったら、びっくりする人がいるかも知れません。
じつは、体内でも酸化、「サビ」は起こるのです。

 

この「サビ」は体の不調や老化をもたらす大きな原因のひとつなのです。

 

動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、がんなど最近増えている病気の90%以上はこの「サビ」に
関わって発生することがわかってきました。

 

体内で細胞などを「サビ」させるのは活性酸素やフリーラジカルが発生するためです。
人はもちろん、生物のほとんどは酸素なしには生きていくことはできません。

 

活性酸素は文字ズラから元気がいいもの、体に良いものではないかと誤解されそうですが、
実際は「酸素より反応性がさかん」という意味なのです。強い酸化作用をもっています。

 

物質を構成している分子は原子核と電子からつくられています。電子は本来、対になっているのですが、
中には対になっていない半端な電子(不対電子)をもつ場合もあります。この半端な電子をもつ物質を
フリーラジカルといい、活性酸素もこのフリーラジカルのひとつです。

 

フリーラジカルは不安定な構造であることから、常に他の物質から電子を奪い取り、安定しようとします。
電子を奪い取られた物質は傷つき、時には死んでしまいます。その結果、老化やさまざまな病気を引き起こしてしまうのです。

 

フリーラジカルは数1000種あるといわれ、体内でも大量に発生していますが、中でも活性酸素は細胞をさまざまな形で傷つける、非常に困った存在なのです。

 

活性酸素にもいくつかの種類があります。
そのうち、とくに強い酸化作用をもち、さまざまな悪影響を及ぼすのが「ヒドロキシルラジカル」です。

 

「ヒドロキシルラジカル」は細胞膜などの脂質でできた組織を酸化させ、その結果、過酸化脂質という極めて有害な脂質を作り出します。

 

過酸化脂質は加齢とともに出来やすくなる傾向があり、この過酸化脂質が蓄積されることは老化が進む大きな原因のひとつだとわかってきました。


活性酸素の二つの顔ジキルとハイド

活性酸素には健康にプラスに働く作用もあります。傷の消毒に使うオキシフルは過酸化水素水であり、活性酸素の一種です。

 

相手の物質から電子を奪って、力をなくしてしまうという性質を利用して、体内に侵入してくる細菌や異物と戦い、殺菌してしまうのです。

 

しかし、活性酸素が過剰につくられると、歳筋肉や異物を退治するだけにとどまらず、体を構成する細胞を傷つけるようになってしまいます。

 

つまり、活性酸素には健康や若々しさを保つ上で味方になる顔と、老化や病気に引きずり込む悪玉の顔の両面をもっているのです。

 

活性酸素の害の方がさかんに言われるようになったのは20〜30年前からです。
放射能、オゾン層の破壊などで地上に降り注ぐ紫外線が急増したり、排気ガスなどの大気汚染により、活性酸素が大増産されるようになってしまったことからです。


page top