生のもののみに含まれている酵素

エンザイムは生のもののみに含まれている

エンザイム(酵素)は、熱くて手をつけていることができない湯の温度で壊れますので、加熱調理した料理には含まれていません。

 

さまざまな加熱の過程のある加工商品にはむろん含まれていません。

 

含まれているのは、生の食べ物だけです。

 

ですから、エンザイムが十分に摂れる食事は、生ものを十分に食べる食事と言い換えることができますが、人類は長い間(ごく最近までの何万年という長い間そういう食事をしてきたと考えられています。

 

20世紀の後半まで、伝統的な食事を続けていた国と地方の食事の調査を行ったバレンタインという医師が、その研究結果として下の図を発表しています。

 

それぞれの国と地方によって、産物が異なりますので、食べているものは同じではなかったのですが、食事の内容を図のように分類してみると、みな共通して図のような比率で食べていたのです。

 

円の大きさは、穀類でこれくらいのカロリーを摂っていて、豆でこれくらいのカロリーを摂っているということを示しています。

 

つまり、摂取量を重量ではなく熱量で示したものです。

 

ビタミンB12は、植物性の食品に含まれていない栄養素なので、その円は非植物性食品すなわち、肉と魚と乳製品を意味しています。

 

野菜の円は、野菜のうち加熱調理して食べるものの量を示しています。

 

生の円は、生で食べる野菜と果物、ナッツ、種の量を示しています。

 

それはご覧のように、肉と魚と乳製品よりも多く、豆の約半分の量ですが、多くの栄養学者は、そこに人類の生活の知恵が結集していたと考えています。

 

そこに健康の秘密があるからです。

 

豊かになった現代人の食事を、この図で表してみますと、肉と肴と乳製品の円が非常に大きくなって、その分、穀類と豆の円が小さくなっています。そして、大多数の人の生の円が小さくなっています。

 

人類の長い歴史になかった食事を始めているわけですが、特に生の円が小さくなったことは多くの病気を招く原因になっています。

 

生のものだけに酵素


 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代