アルツハイマー病とビタミンE摂取

アルツハイマー病の予防にはビタミンEの摂取を

アルツハイマー病になるのは65歳過ぎの人がほとんどです。しかし、まれに40代、50代で発病する人もいます。

 

アメリカの統計では、アルツハイマー病患者の数は400万人余りですが、2020年には1000万人になると予想されています。

 

この病気の根底にあるのは、酸化による脳のダメージで、アルツハイマー病患者の脳組織内の過酸化脂質の量は、アルツハイマー病にかかっていない同年齢の人に比べて顕著に多いことがわかっています。

 

脳は50%は脂質で出来ていますので、活性酸素などのフリーラジカルと呼ばれる不安定な分子による攻撃に弱く、それを迎え撃って無害化する抗酸化物質が足りないと、過酸化脂質が生み出されます。

 

フリーラジカルの攻撃から脳の脂質を守る上で主要な働きをしているのは、脂溶性の抗酸化栄養素のビタミンEで、動物実験の結果は、ビタミンEがアルツハイマー病を予防する大きな力になることを示しています。

 

また、ビタミンEに構造が近く同じ脂溶性で、抗酸化ネットワークの一員であるコエンザイムQ10を一緒に動物に投与した実験では、脳組織内の過酸化脂質の量が著しく減少しています。

 

中高年になってアルツハイマー病にならないようにするには、壮年期から脂溶性の抗酸化物質を十分に摂って予防しておく必要があることがわかりますが、初期のアルツハイマー病患者341人を対象に行われた興味深い研究があります。

 

患者を4群に分けて、アルツハイマー病治療薬、ビタミンE、ニセ薬が次のように毎日、2年間投与されました。

 

第1群 ---- アルツハイマー病治療薬
第2群 ---- ビタミンE2000IU
第3群 ---- 治療薬とビタミンE
第4群 ---- ニセ薬

 

そして、病気の進行を遅らせることのできるのはどの群かが確かめられました。

 

その結果、進行を最も止めたのは、第2群のビタミンE単独投与のグループでした。
深刻な症状になった人の数がもっとも少なかったのです。

 

投与量が2000IUと大量なのは治療目的だったからで、すべての年齢の健常者に、多数の専門家がサプリメントとして摂ることをすすめているビタミンEの量は、1日200〜400IUです。


 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代