ファイトケミカルと健康寿命

果物と野菜のたっぷり食事がガンのリスクを下げる

世界中で行われてきた多数のがん予防研究が導き出した結論は、

 

「果物と野菜をたっぷり食べる食事がガンのリスクを下げる」

 

というものでした。

 

研究が進んで知見が蓄積されればされるほど、答えは単純になっていきました。

 

この野菜は広義の野菜なので、ナッツ、豆、種も含まれています。

 

ガンを予防する物質を探す研究が本格的に行われるようになったのは、米国立がん研究所が予算をつけてその後押しを始めた1980年以降ですが、1990年にはすでに、栄養学の歴史を塗り替えるような画期的な知見が集まっていました。

 

そして、ファイトケミカルズ(phyto chemicals 植物化学物質)という英語の新語も生まれていましたが、それはガンを予防する物質が動物性の食品からは見つからずに植物性の食品からだけ見つかっていったからです。

 

しかも、その数があまりにも多数だったために、新語をつくって総称するようになったのです。

 

それが栄養学を変えたのは、ファイトケミカル(カタカナ語では語尾のズを以後省きます)がアマゾンの雨林や、チベットの奥地からではなく、最もありふれた植物性の食品、つまり八百屋に並んでいる日常的な果物と野菜から見つかっていったからです。

 

人類は何千年という昔からそれを食べてきているのですから、食事とは元来ファイトケミカルを摂る行為であったことがわかりました。

 

食事は、数十の必須栄養素を摂る行為であると同時に、数百を超えると考えられるファイトケミカルを摂る行為だったのです。

 

それで栄養学者は、ファイトケミカルを phyto nutrients (植物栄養素)とも呼ぶようになりました。

 

ファイトケミカルの数は、何百という多数ですが、そのほとんどは紫外線や虫などをはじめ、
植物が環境から受けるさまざまなストレスから自分自身を守るために作り出している物質です。

 

それらの物質に共通しているのは抗酸化作用ですが、ファイトケミカルを多く含んだ食事を食べると、
ガン以外の病気も予防され、老化のスピードもスローダウンすることがわかりました。

 

しかし、ファイトケミカルが薬品と異なるのは、少量で猛烈な効果を生み出すものではない点です。

 

栄養素として毎日かなりの量を摂っていなくてはなりません。

 

ですから、果物と野菜が十分に摂れる食事を心がけなくてはならないのですが、
現在の日本人の食事では統計上の数字からみても、果物と野菜が不足しています。


 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル活用事典ドローンの時代