正しい歩き方

外反母趾を防ぐ正しい歩き方

 

正しい歩き方

 

1、上体を心持ち前傾にして、足の第一指から第三指(中指)までに力を込めて地面を蹴り、足をそのまま前方に出す。膝を軽く曲げ、力を入れずに、スッと前に踏み出す。

 

2、かかとからしっかり地面を踏み、次に足の第五指の付け根が着くように着地し、体重もそれにつれて移動する。

 

3、もう一方の足は体重の移動とともに、自然にかかとが上がり始めるので、足の第一指の付け根を意識する。

 

4、1に戻る。

 

 

ハイヒールを履いた時には、特にこうした歩き方を意識してください。

 

もし、こうした歩き方が難しいというならつま先で地面を蹴るということだけでもしっかり行いましょう。

 

ただし、外反母趾になっている人には、足の効率的の筋肉が衰えてバランスが悪くなっているので、こうした歩き方はいきなりはできないかもしれません。

 

包帯巻きでバランスを回復させてから、正しい歩き方にチャレンジしてください。


あなたの知らない健康茶 | 40歳の不都合な真実 | ファイトケミカルと健康寿命 | なんとなく調子がよくない | 中高年からの筋肉作り