正しい姿勢

外反母趾を防ぐ正しい姿勢

 

正しい姿勢の取り方

 

1、背筋を伸ばして、軽く胸を張り、体重を左右の足に均等にかける。胸をはり過ぎないように注意する。

 

2、お尻の筋肉(臀筋・でんきん)に心持ち力を入れる。こうすると、ヒップが上がって骨盤が固定され、正しい姿勢がとれる。

 

3、あごを引く。あごが前に突き出ていると背中が丸くなりやすくなります。

 

4、体重が心持ち足の第一指にかかるような感じで立つ。こうすると、足の第一指の付け根、第5指の付け根、かかとの3点にバランスよく体重がかかり、無理がなくなるのです。

 

正しい姿勢ができるようになったら、次は歩いてみましょう。


あなたの知らない健康茶 | 40歳の不都合な真実 | ファイトケミカルと健康寿命 | なんとなく調子がよくない | 中高年からの筋肉作り