包帯巻きのやり方

包帯巻きのやり方

 

それでは、包帯巻きのやり方を紹介します。

 

まず、市販の5センチ幅の伸縮包帯を一本用意します。

 

伸縮包帯にはいろいろな種類がありますが、少し厚手のものが良いでしょう。

 

100円程度の安価な包帯で充分です。
ただし、伸縮性のない包帯はさけてください。

 

この伸縮包帯で、第一指の付け根の関節と第五指の付け根の関節のところを引き締めるように、
足の甲全体をくるむようにしてグルグルと5〜6回巻いてしっかり止めます。

図解で解説します

 

●市販の5センチ幅の伸縮包帯厚手のもの)を1本

 

包帯巻きのやり方

 

 

これを、足の第一指(親指)の付け根の関節と第5指(小指)の付け根の関節のところを引き締めるように巻きます。

 

包帯巻きのやり方

 

 

こんな感じです。

 

包帯巻きのやり方

我慢のできる範囲内で強めに、足の甲全体をくるむように5〜6回巻いてしっかり留めます。
(包帯を巻くのは寝ている間だけで構いませんが、日中もわずらわしくなければ巻いてもOKです。)

 

あまり弱く巻いたのでは、効果はありません。

 

グッと強めに巻きますが、かといって痛くなるほど強く巻かないようにします。

 

症状によって強さは違います。

 

 


あなたの知らない健康茶 | 40歳の不都合な真実 | ファイトケミカルと健康寿命 | なんとなく調子がよくない | 中高年からの筋肉作り