外反母趾を自分で治す

足のマッサージの方法 

 

包帯巻きの効果をより高める補助方法-1

 

包帯巻きの効果をより高める方法のひとつ目は「足のマッサージ」です。

 

足は体の末端にあり、血流が悪くなりやすい部位です。

 

また、朝から寝るまでの間、全身の重みを受けて、最も疲れがたまっているところでもあります。

 

そこを揉みほぐして血流を促すことは、外反母趾を治す上でも非常に効果があります。

 

ただし、いきなりグリグリと力まかせに押してはいけません。それは逆効果です。

 

 

できるだけやさしく、次のようにやってみてください。

 

足のマッサージの方法

 

1、椅子か床に座った状態で、外反母趾のある足のもう片方の足を膝の上にあぐらをかくように乗せる

 

2、膝の上に乗せた足の甲と足の裏を両手のひらでサンドイッチするようにはさむ

 

3、手の平の柔らかい部分で、足の甲と足の裏をまんべんなく、土踏まずのあたりから指先までなでるように揉む

 

4、赤く腫れているところがあるときは、そこをはずして、風呂上がりの体が温まっているときに3〜5分間揉む。

 

最初のうちは、物足らない感じがして、つい強くマッサージしたくなるかもしれませんが、出来るだけやさしくなでるように行ってください。

 

押すのではなく、血流をよくするためになでるのです。

足のマッサージの方法


あなたの知らない健康茶 | 40歳の不都合な真実 | ファイトケミカルと健康寿命 | なんとなく調子がよくない | 中高年からの筋肉作り