自律神経失調症

体の不調は「自律神経の乱れ」から

人間の体は、いちいち「心臓を動かして血液を循環させよう」とか「胃袋に入った食べ物を消化しよう」とか考えなくても、自然と状況に応じた働きをするようになっています。

 

こうした活動を司っているのが「自律神経」なのです。

 

自律神経は
「活動する神経・昼の神経」と呼ばれる「交感神経」と、
「休息の神経・夜の神経」と呼ばれる「副交感神経」からなります。

 

両者の役割は異なります。
片方が活動すれば片方が休み、状況に応じて切り替わりながら身体活動をコントロールしています。

 

例えば、緊張するような場面では交感神経が優位となり、心拍数が上がり呼吸も早くなります。
ちなみに、交感神経は英語では「Fight and Flight(闘争と逃走の神経)」とも呼ばれます。
切迫した状態で働く神経です。

 

一方、副交感神経はリラックスしたとき優位になり、心拍数は遅くなり、
呼吸も落ち着いたものとなります。睡眠中などは副交感神経が働いています。

 

交感神経とい副交感神経はお互いにバトンタッチしながら活動することで、消化器、循環器、内分泌腺、生殖器などの機能が促進または抑制されるのです。

 

おかげで、私たちは意識せずとも、身体活動がスムーズに行われるのです。

自律神経の乱れが原因で起きる心身症状は多種多様

交感神経と副交感神経の両者がうまく切り替わっていれば問題はないのですが、過度なストレス、
不規則な生活、環境の変化がきっかけとなって、うまく切り替えがなされないことがあります。

 

両者のバトンタッチに乱れが生じると心身両面にさまざまな問題があらわれます。
いわゆる「自律神経失調症」と呼ばれる状態です。

 

自律神経失調症の症状は、心身両面に及び多岐にわたります。
しかしながら、検査をしても特に悪いところが見つからないため、なかなか他者にはその辛さがわかりません。

 

さらに悪いことには「仮病ではないのか」「気にしすぎだろう」などと心無い対応をされることもあり、こうした対応で追い詰められ、ますますストレスを募らせて症状が改善しないケースは多いようです。

自分で出来る自律神経の働きを整える方法

自律神経の乱れは血行不良や排泄障害を引き起こし、「血・水・気」の滞りを招きます。

 

体内に余計な水分や老廃物が蓄積すると、水毒や「オケツ」をも招き、さまざまな病気のリスクが上がりますので「気のせい」などと受け流してはいけません。

 

自分でできる対策としては「ストレスをためないこと」。これにつきます。できれば、スポーツなどを趣味にして心身のリフレッシュをはかることです。

 

また、半身浴などで、リラックスの時間を持ちながら()、血行を促進させて()、汗をギュッと絞れば()、滞っていた「血・水・気」がゆっくりと流れ出し、自律神経の乱れを正すことができます。


 

だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド 和食の知識ビタミン・ミネラル便利事典あなたの知らない健康茶「むくみ」を知る