暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ

ストレスが体を冷やす

 

イライラしたり、悔しかったり、不愉快だったり、哀しかったり、人はみなストレスにさらされています。

 

そのストレスがある程度の水準を越えると、緊張のホルモン、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。

 

敵を前にして、体が臨戦態勢に入るのです。

 

全身の血管が収縮し、血行が悪くなり、体温も低下します。

 

自分が緊張したときのことを思い出してみてください。

 

サーと血の気が引いて、肩に力が入り、呼吸は浅くなり、顔面が蒼白になります。

 

血液は筋肉付近に集中し、手足が冷たくなっているはずです。

 

こうした状況が絶え間なく続くと、体は冷え切ってしまいます。

 

 

ほかにも、異常気象も一因ではないかなどいわれています。

ストレスが体を関連ページ

冷蔵庫が人間を
暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ
運動不足で体温が上がらない
筋肉不足は体温低い
「食べ過ぎ、太りすぎ」
現代人の宿命「食べ過ぎ、太りすぎ」が体を冷やしている
シャワーでは温められない
いつも、シャワーだけで済ませよう、はダメ
薬の飲みすぎ
暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ
体を冷やす消炎鎮痛剤
やたら飲んではいけない