暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ

薬の飲みすぎ

 

どこかが痛いときや、熱が出た時には、痛みを抑え、熱を下げようと薬を飲みます。

 

しかし、西洋医学の見地から処方するほとんどの化学薬品は、同時に体を冷やしてしまいます。

 

熱を下げる薬としていちばん代表的なものは副腎皮質ステロイドホルモンですが、これには血液を凝固させる作用もあるので血行を悪くし、よけい体を冷やします。

 

熱や痛みが辛い時、一時的に薬を使うのは仕方ありません。

 

しかし、差し迫った症状でもないのに安易に服用したり、気休めのように長期間に渡って服用するのは、体を冷やす結果を招きます。

 

薬によって体が冷えるとまた、別の症状が出て、その症状に対する薬が必要となってしまい、さらにより多くの薬を飲むことになります。

 

そうした悪循環を作らないためにも、薬は必要最低限の量を守ること。そして薬のいらない健康な体を取り戻すことが大切です。

薬の飲みすぎ関連ページ

冷蔵庫が人間を
暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ
運動不足で体温が上がらない
筋肉不足は体温低い
「食べ過ぎ、太りすぎ」
現代人の宿命「食べ過ぎ、太りすぎ」が体を冷やしている
シャワーでは温められない
いつも、シャワーだけで済ませよう、はダメ
体を冷やす消炎鎮痛剤
やたら飲んではいけない
ストレスが体を
暑い夏、冷蔵庫、運動不足、食べ過ぎ、太りすぎ