海藻は天然サプリ

海藻は日本人なら積極的に摂りたい天然サプリ 

四方を海に囲まれている日本では、あらゆる「海の幸」を存分に享受してきました。
なかでも、ワカメ、昆布、海苔などの「海藻」は我々日本人の食卓に欠かすことのできない存在です。

 

海藻と日本人の付き合いは長い。
万葉集(7世紀後半から8世紀後半にかけて編集された)では、海藻は「玉藻」と呼ばれ百首近くもの歌に登場しているし、大宝律令(701年)では租税として8種の海藻の名前が記されているほどです。

 

ミネラルの宝庫であり人間の血液と成分が似ている海水。そこで育まれる海藻は人間の健康増進に力を発揮する。まさに「海の幸」の名にふさわしい存在なのですが、欧米では「sea weed(海の雑草)」と呼ばれ食用する地域は少ないのです。

 

フランスのロスコフ海洋研究所が、科学雑誌『Nature』に興味深い研究結果を発表しました。
日本人は海藻に含まれる多糖類を分解できるが欧米人には出来ない。これは日本人の腸内細菌が酵素をつくる遺伝子を海洋性の微生物から取り込んだため、と予測しています。

 

日本人は何世代にも渡って海藻の栄養成分を活用できる体に変化してきたといえるのです。欧米人には海の幸・海藻の恵みを取り入れるのは一朝一夕には行かないようです。その点、日本人は恵まれているといえます。

若い女性からお腹周りが気になる中高年まで

昆布やワカメなどのヌルヌル成分であるフコイダンは、ガン細胞を自殺に追いやり、ウイルスに観戦した細胞を攻撃する。

 

また、胃の粘膜の炎症や潰瘍を修復するほか、胃潰瘍や胃ガンの原因菌とされるピロリ菌をくっつけて排出します。

 

ワカメや海苔には、血栓を防ぎ中性脂肪を減らすEPAが含まれているので、メタボリックシンドロームを指摘された人は積極的に食べるとよいでしょう。

 

また、新陳代謝を高め、若さと美容の維持に欠かせないヨードも多く含むので、年頃の女性の強い味方となってくれそうだ。


 

だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド 和食の知識ビタミン・ミネラル便利事典あなたの知らない健康茶「むくみ」を知る