冷えを解消すれば、

冷えを解消すれば、元気に長生きも夢ではない

さまざまな病気、トラブルの根っこには「冷え」が潜んでいます。
冷えがあるということは、体内で酵素がしっかり働けない状態だということです。

 

血液がドロドロになって起こる動脈硬化、その動脈硬化が原因で起こる脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患や心筋梗塞、狭心症など命に関わる病気も冷えや体内酵素と無縁ではありません。

 

高血圧、糖尿病といった生活習慣病、そして便秘、肥満、頭痛、肩こり、首の痛み、腰痛、トイレが近い、寝つきが悪い、下痢や便秘をしやすい、疲れやすい、イライラ、生理痛などの身近なトラブルも冷えと大きな関係があります。

 

体が冷えているということは、血めぐりが悪くなっているし、全身の血流が悪くなっているということです。

 

首の痛みやコリ、腰痛、膝痛、痔や便秘、ED(勃起障害)などは、まさに体が冷えて血流が悪くなって起こるトラブルの代表的な例と言えるでしょう。

 

冷えると体内酵素の働きも悪くなるので内臓の働きも低下し、胃痛や便秘など消化器官や、生理痛など婦人科系のトラブルが起きやすくなります。

 

また、血めぐりが悪くなると、体にとって必要な酸素や栄養をきちんと運ぶことができません。
そのためダメージを修復する酵素の合成や分解もスムーズに行われません。免疫力も低下して、風邪などの軽いものからガンなどの重いものまで、さまざまな病気にかかりやすくなります。

 

もちろんこうした病気のすべてが、冷えを取り除いたら、体を温めたら、劇的によくなるというわけではありません。腎臓が悪くて人工透析をしている人が体を温めれば透析の必要がなくなるのかと、いうとそんなことはありません。ガン患者の体を温めたらガンが消えるかというとそんなことはありません。

 

しかし、これまで見てきたように、冷えはさまざまな病気の入口です。
冷えを入口にして始まった病気が、冷えをほおっておいたばかりにどんどん進行してことがあるのです。冷えが軽いうちに対処すれば、健康な状態に引き返すことはできますし、重い症状を緩和させる助けになるはずです。

 

また、老化によって将来起こるであろうさまざまな病気を予防するためにも、是非、体を温めて血巡りを良くして、健康な体の要になる酵素を活性化させてほしいと思います。

 

 

自分で自分の体の「冷え」を取り、体を温める方法です。実際に病院などで指導している方法です。
自分に合ったもの、方法を見つけて実践してみてください。

 

温めてはいけない場合があります。
炎症部分は温めないでください。
捻挫や関節炎など、熱を持っている部分や細菌に感染している部分は、温めないでください。
・目で見て明らかに赤く腫れあがっているところは、温めないでください。

こんな方法も記事一覧

体を温めるのにもっとも効果的な方法は、お風呂に入ることです。それもじっくりと湯船につかることです。体を副交感神経優位の状態に切り替え、心身ともにリラックスさせるためには、さほど熱さを感じない、ぬるめのお湯のほうがよいでしょう。心地よさを感じる温度には個人差がありますが、体温プラス4度程度のお湯に入ったとき、人はもっとも快適を感じるといわれています。体温が36〜37度あれば、風呂の湯の温度は40〜4...

出来るだけお金をかけずに試したい、という方には、ペットボトル湯たんぽ」をおすすめします。必ずホットドリンクが入っていたものを用意する。その中に触っても熱すぎず気持ちがいいと感じられるぐらいの40度ぐらいのお湯(お湯の温度が熱すぎないこと)を入れてタオルを巻いてください。タオルを巻くのはお湯が冷めにくいにという保温の意味とやけど防止から。温める場所は、どこでも良いのですが、足の腿を温めるのが一般的で...

ゾクゾクッと寒気がするとき、体がじんわり温まる方法。肩こりや頭痛にも効果があります。 フェイスタオルを2枚と、ビニール袋を1枚用意します。 一枚のタオルを水にくぐらせて、固く絞ってから電子レンジに入れます。 約1分間チンします。 熱くなっているタオルをやけどしないように気をつけて取り出し、軽く広げてから小さくたたんでビニール袋に入れます。 熱いタオルを入れたビニール袋をもう一枚の乾いたタオルの真ん...

体温を上げるには、筋トレも有効です。ウオーキングやジョギングのような有酸素運動は体脂肪を燃やしてくれます。しかし体の熱を作るのは筋肉で、有酸素運動だけでは筋肉の量をふやすことはできません。酸素を使わずに一時的にエネルギーを作って体を動かす無酸素運動がいいでしょう。筋トレ---上半身筋トレ---下半身今度は下半身です。「踏み台の上り下り」やお尻上げ」など無理のない範囲でどうぞ。

使い捨てカイロの発明は、人類の「冷え」史上画期的な発明だといえます。特に、近年商品開発が進んで、体温よりも2〜3度高めの40度を維持できる製品ができました。これを患部に当てておけば、症状の緩和に効果があるはずです。中には蒸気などの、湿気をともなう熱で温める製品もあります。これは蒸気温熱法といって、体の深部にまで熱を伝えるにはもっとも効果的な方法です。さて、「冷え」をとるにはどこに張るのがもっとも効...

歩く体を温めるために、運動も不可欠な要素です。運動をすることによって血流が促進され、体温が上がり、先に紹介したヒート・ショック・プロテインが生み出されます。筋肉は人間の体温の約4割を生み出す発熱器官なのです。細胞を強化し、免疫力を上げ、元気を生み出します。特別なスポーツを始める必要はありません。いま流行のウオーキングなら、いつでも誰でも行える、簡単な運動になります。人間の筋肉の3分の2は、下半身に...

腹巻き昔ながらのラクダの腹巻きもよいのですが、最近はデパートの下着売り場などでカラフルな腹巻を売っています。腹巻はお腹だけでなく、背中も温めてくれます。胃や腎臓など重要な内臓が疲れている時には、本人が意識しないうちに背中の筋肉が異常にこっているものなのです。腹巻きで背中が温まると、ふわっと緊張が解けて、驚くほどリラックスできます。もちろんお腹も温まるので、大腸の調子も整うでしょう。

呼吸と自律神経とは、密接な関係にあります。呼吸は息を「吸う」と「吐く」とでワンセットになっていますが、「吸う」は交感神経が、「吐く」は副交感神経が担当しているのです。この仕組みを利用して、体をリラックスさせることができます。緊張して体が冷えている時は、意識して深く息を吸い込み、ゆっくりと時間をかけて吐き出してください。副交感神経が作動してリラックス出来るはずです。体も自然にポカポカとしてくるはずで...

手の指を揉んだり、組んだりするだけで、体全体が温まる方法があります。指先をしばらく揉むだけで、手がポカポカと温まってきます。指を軽く組んでいるだけで血行が良くなり、腕の疲れがとれていくはずです。こんなことをしても温まるのは手先、指先だけだろうと、見くびってはいけません。指先は体の末端、静脈と動脈が切り替わる大事なポイントです。このの血行がよくなれば、心臓へ還っていく血液の流れがよくなります。必然的...

ショウガ湯体を確実に温めてくれるのが、ショウガ湯です。ショウガをすりおろす手間が面倒という人は、チューブ入りでも構いません。湯飲みににおろしショウガを適当量入れ、温かいお湯やお茶を注げばそれで出来上がりです。お好みで、蜂蜜やジャム、砂糖を加えてもいいでしょう。これは色々アレンジができます。たとえば■、ダイコン湯ダイコンをすりおろしとショウガのすりおろしを適量。これに醤油これもお好みで適量。これに熱...

page top