「冷え」とヒート・ショック・プロテイン

ヒート・ショック・プロテインの発見

温めると体は治る!

 

ヒート・ショック・プロテイン、訳すと熱ショックタンパク質。
1962年に発見された、抗ストレスタンパク質です。まだ、研究途上ですが、健康に関心のある方なら、ご存知かも知れません。

 

このタンパク質についての研究が、「冷え」について多くのことを示唆してくれています。

 

私たちの体は、約60兆という膨大な数の細胞で作られています。そのほとんどの細胞が、タンパク質からできています。

 

その細胞に熱を加えると、細胞内のタンパク質は損傷を受けます。そして同時に細胞内にはヒート・ショック・プロテイン(HSP)というある種のタンパク質が生まれます。

 

このHSPというタンパク質には、損傷を受けたタンパク質を元通りに修復する働きがあるのです。

 

つまり、高温という刺激を受けると細胞はその分ダメージを受けますが、同時にそのダメージを修復するための成分も生み出していたのです。

 

その後研究を重ねていくうちに、高熱(ヒート・ショック)だけでなく、疲労、感染、血管の梗塞、虚血状態、紫外線など、さまざまなストレスによっても、損傷を受けると同時に、それに対抗するタンパク質が生成されることがわかりました。

 

そして最も効率よくHSPが生成されるのは、やはり最初に発見された、高熱という要素であることが明らかになりました。

 

(後半につづく)ヒートショックプロテイン

「冷え」とはどんなものなのか?

いったいどんな状態を「冷え」というのでしょうか?

 

「冷え」とは、手足や腰などがいつも冷たく感じる症状、あるいは体質のことをいいます。

 

「冷え」は痛みと同じように個人的な感覚であり、他者と共有できるものではありませんが、日本人はこの「冷え」を共通の概念として持っています。

 

そして、一過性の症状ではなく、体の奥深くに根付いてしまうものと考えられます。
「冷え」は「寒さ」とは違います。寒さは大気の冷たさをいいます。人が「寒い」というのは、自分を取り巻く環境の、温度の低さを感じ取っていうのです。

 

それに対して「冷え」は、体の中に入り込んだ冷たさをいいます。冬だから、寒いから冷えるのではなく、夏でも、暑くても、冷える時は冷えるのです。

 

「冷え」は身をすくませ、体に緊張感を与えて固くします。代謝を悪くして、体内から排出すべきものを体内に停滞させてしまいます。

 

その結果、「冷え」を抱えた体はだるく、重く、こわばり、凝り固まり、むくんでしまうのです。

 

詳しくご案内します。
「冷え」のチェックリスト からどうぞ。

 

ここでは、「冷え」がもたらす「水毒」「低体温」「オ血」の問題も考えていきます。
心の冷えも指摘されています。「自律神経失調症」や「うつ」の問題です。
問題の解決法も提示しています。参考にしてください。